ラージャパックのカバーを着せ替えてみよう! 【ららぽーと湘南平塚店】

みなさん、こんにちは!

ららぽーと湘南平塚店の関根です。

 

A&F COUNTRYはTERGeagle creekpacsafeMYSTERY RANCHと様々なバッグブランドの取り扱いがございますが、他のバッグブランドにはないギミック満載!機能満載!!のリュックを本日はご紹介致します!

ETHNOTEK(エスノテック)

◇ラージャパック 30

容量:30L

価格:¥27.000〜32.400- (tax in)

ZOZOはコチラ!

 

◇ラージャパック 46

容量:46L

価格:¥24.840〜30.240- (tax in)

ZOZOはコチラ!

※各サイズ、柄によって価格が変わります。

 

ラージャパックのカバー(スレッド)はベトナムインド、ガテマラ、ガーナといった各国職人のハンドメイドによる織りや染めの生地を張り付けた、完全一点物となります!!
ちなみにこちらは『ベトナム5』というカラーで、ベトナム北部のモン族による織りとなんです。

刺繍や別珍素材、古布、藍のろうけつ染めにより、制作が2か月以上かかるといわれる芸術作品です。

さてさて、それでは着せ替えてみましょう!

 

今回はUSAシリーズの人気カラー『エーテルEXPD1』のスレッドを張り替えてみたいと思います!

 

ますはメイン コンパートメント、サイドのコンプレッションベルトのバックル5箇所を外します。

次にリュック本体とスレッドはマジックテープでくっ付いていているので、ベリベリと剥がしていきます!

 

恥ずかしい姿にしてあげたら、かわいそうなのですぐにスレッドを張り付けてあげます!

 

お互いのマジックテープを合わせて、下から張り付けていきます。

 

完成です!!

慣れれば30秒くらいでチェンジできますので、その日のコーディネートや気分によってスレッドを替えてみてはいかがでしょうか?

 

USAリミテッド・シリーズは、織りタグが星条旗となっているのもニクイところ。

 

アメリカのグラフィック アーティスト、シェ・マカナリーによるUSAシリーズは生産枚数が限られた限定品です。

 

メインポケットはロールトップ式により、とても開口部が広いため、物の出し入れがスムーズにいきます。

また裏地にはポリウレタン・コーティングを施しているため、雨の侵入を限りなく防ぎます。

 

ほとんどの側生地に防弾チョッキの裏地にも採用される『680D バリステックナイロン』を使用しているため、耐摩擦、耐水は折り紙付きです。

サイドポケットには折りたたみ傘、またこのように携帯灰皿をしまったりと、

 

さらにその内側にはメッシュインナーポケットを採用。向かいの柄、実はベトナムの織りなんです!

私はここに鍵をいれていますが、傷がつきにくいマイクロフリース生地のため、サングラスやデジカメなどを入れるのに最適です。

 

背面ポケット裏にはPCスリーブポケットを配置。15インチまでのPC、またこのようにパンフレットをサッと収納できます。

開口部は上からでも横からでも入れやすいL字型の口と、それに伴うダブルジッパーとなります。

 

入れるものが多いとショルダーハーネスは外に広がっていきますが、チェストストラップにより肩ズレを防ぎます。

 

 

こちらは応用編ですが、入り切らない上着などはこのようにセンターストラップで絞り固定させちゃいます!

 

いかがだったでしょうか!?

通学、通勤はもちろん、年末年始のご旅行へと様々なシーンに対応できる万能なリュック。

まずは一度お店でお確かめください!

お店で見るとなんかイイことあるかも?

ららぽーと湘南平塚店【関東】